青森市で評判の注文住宅メーカーランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

せっかく建てる注文住宅は理想の外観にしたい!外観の決め方

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/05/19

新居を購入したならば間取りや内装に加えて外観もおしゃれにしたいですよね。しかし注文住宅であれば自分でいろいろ選べてしまい何がよいのかわからないという方もいると思います。そこでこの記事では家の外観を決める要素や外壁に使われる主な素材、窓の種類などを細かく紹介していきます。新居の外観に悩みのある方は参考にしてみてください。

家の外観を決める要素

家の外観を決める要素は大きく分けてデザイン・窓・外壁の3つあります。同じような構造の家でも色使いや外壁の色によって雰囲気が変わるのは、なんとなくイメージが付くでしょう。第一印象を決めるのが外壁なのでよく検討して選びたいものです。

外壁には多くの種類がありますが、すべてが思いどおりには行きません。たとえば窓の配置にはいくつかの取り決めがありますし、外壁の素材もコスト的な面で厳しいことがあります。家の外観を決めるのはそういった要素をすべて組み合わせ、総合的に納得のいくものを作り上げるのが重要です。

窓の配置と種類

縦滑り出し窓

縦滑り出し窓とは、縦方向に回転軸を持ち、外側に滑りだしながら開く窓のことをいいます。開き方のイメージは押すドアのような形になりますね。メリットは窓が垂直まで開くため風が窓にあたり風を部屋に取り込みやすいことや、室内からでも窓の外側を拭けることが上げられます。そしてサイズの種類が豊富なことと、一枚の窓で完結するため少ないスペースでも設置できます。一方、デメリットとしては、大きく窓が空いてしまうため子どもがいる場合は乗り出してしまう危険があることです。子どもの身長では届かない所や、ロック機能を上手く使い対策をしたほうがよいでしょう。

横滑り出し窓

横滑り出し窓とは、窓枠の上部を軸として窓の下部が外側に開く窓のことをいいます。ガラスが開口部を塞ぐような形になるため雨が入りにくいという利点があります。また窓を薄くすれば人が入れない大きさになるのでお風呂場などに設置しても安心です。反対に横滑り出し窓は風があまり入ってきません。今の時代は換気が大事なのでこれはデメリットになるでしょう。加えて窓が外側に開いてしまうため外側のお手入れは厳しくなります。

引き違い窓

この窓は日本の住宅に最も取り入れられている窓で、2枚式の横にスライドする窓のことです。引き違い窓のメリットは多く作られていることから「安価でバリエーションが豊富」な点です。大きく開放的な窓を作るのであれば外せないでしょう。一方この窓のデメリットは気密性に欠けることです。気密性が低いと冷暖房の熱が逃げてしまいとくに冬は寒く感じます。また防犯上もっとも狙われているのも引き違い窓であるため防犯性能的にも若干の不安が残ります。

外壁の色と素材

窯業系サイディング

窯業系(ようぎょう)サイディングとはセメントと繊維質を板状に加工した外壁材のことで、現在の住宅の7.8割を占めています。コスト・耐久性・機能性・デザイン性のさまざまな面からみても大きな欠点のない素材となっています。

ガリバリウム鋼板

金属系サイディングというのは金属板を断熱材とともに加工した外壁材のことです。外壁材としては軽量で、雨・冷風などの影響に強いため寒い地域でよく利用されます。耐久性にも優れているため、メンテナンスの費用もかからずコストパフォーマンスもよいといえるでしょう。

モルタル

モルタルとはセメント・砂・水を混ぜたものをいい、防火性に優れています。壁に塗る材料のため自由度が高くどんな壁面にも使うことが可能です。しかし職人の手作業で作られるため外壁の質がその職人の腕に左右される面もあります。

外観を決める際に気を付けること

メンテナンスにかかる費用も視野に入れておく

注文住宅で一戸建てを購入した場合は、定期的なメンテナンスが不可欠。外壁は常に雨や風、紫外線などに晒されているためひび割れやチョーキングなど徐々に脆くなっていきます。外壁の種類によってメンテナンス周期が異なるので、施工会社の方に確認しておくと安心です。

窓の位置を考える

窓の配置は外観を決める大事な要素になるため、大きな窓や多くの窓を設置したいと考えるかもしれません。しかし空き巣や覗きなどの犯罪は大半が窓を通して行われるため防犯面も考慮した上で窓の構成を練ることが大切です。覗きの対策には曇りガラスや横滑り出し窓を使ったり、高い位置で空き巣の心配がない場所には大きな窓を付けたりするなどの工夫が必要になってきます。

周囲の家との兼ね合いに気を付けて

外壁を自分好みにカスタマイズするのはよいのですが、周囲の家との兼ね合いも大切になります。ある地域などは景観条例などで制限がかけられている場合もあります。周囲の家と外壁の色を寄せても、窓の取り入れ方や素材の違いで自分らしさを表現することはできます。よく検討して外壁をおしゃれにしてみてください。

 

今回は注文住宅の外観について、窓の種類や外観を決める要素などを紹介しました。注文住宅では自由度が高いため、その場で選ぶとなると大変です。自分のイメージを具体的に固めておき、そこから専門家の方に話を聞くのがよいでしょう。おしゃれにすることだけでなく、防犯面やコスト面、メンテナンスなどもあわせて検討してみてくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
注文住宅では、間取りが外観だけでなく、設備も自由に決めることができます。最新の住宅設備に興味がある方は、新しい設備を取り入れた住まいにしたいと考えているのではないでしょうか。この記事では、注
続きを読む
投稿日 2022.10.15
注文住宅を建てるなら趣味の空間を設けたい。駐車スペースを確保したいけれど敷地が足りない。これから家を建てる人の中にはこのような想いや悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。ここではおすす
続きを読む
投稿日 2022.09.15
せっかく注文住宅を購入するなら、庭付きのマイホームにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。事実として庭付きのマイホームにはさまざまな魅力がありますが、一方でデメリットが存在するのも
続きを読む
投稿日 2022.08.15
注文住宅を建てる際、子ども部屋を作るかどうか悩まれる人もいるのではないでしょうか。お子さんがいる方は、お子さんの年齢に応じて子ども部屋をあらかじめ設置することもあるでしょう。お子さんがまだい
続きを読む
投稿日 2022.07.15
人生のなかで大きな買い物のひとつが「マイホームの購入」ではないでしょうか?マイホームには、注文住宅や建売、マンションなどがあります。注文住宅で家を建てる人もいると思いますが、そのときに注意す
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅購入を検討している人のなかには「健康住宅」という言葉を聞いたことがあると思います。とくに「健康面に配慮した家を建てたい」と考えている人はよく聞く言葉だと思いますが、健康住宅とはどのような
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅を購入する人の中で、平屋を選択する人が増えつつあります。今後家づくりを考えている人の中には、二階建てにすべきか、平屋にすべきか悩んでいる方も多いでしょう。そこで本記事では、平屋のメリ
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討している方の中には、木造住宅を建てるべきか、鉄骨住宅を建てるべきか悩んでいる方も多いでしょう。木造住宅は日本で昔から用いられてきた建て方であり、現在でも多くの木造住宅が建
続きを読む
投稿日 2022.03.15
「環境に優しい」「電気代が安くなる」など、太陽光発電システムには魅力がいっぱい!しかし、いざ導入するとなると、なかなか思い切れない方が多いのではないでしょうか?この記事では、太陽光発電システ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
高低差のある土地とは、坂の途中など傾斜のある土地やがけ地などを指します。たまに高低差のある土地がありますが、「山が多い」など地域によっては、平地の方が少ない場合もあるでしょう。この記事では、
続きを読む