青森市で評判の注文住宅メーカーランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

「健康住宅」とはどのような家?メリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/28

「健康住宅」とはどのような家?

住宅購入を検討している人のなかには「健康住宅」という言葉を聞いたことがあると思います。とくに「健康面に配慮した家を建てたい」と考えている人はよく聞く言葉だと思いますが、健康住宅とはどのような家のことなのかご存じでしょうか?今回は、健康住宅の意味、メリットとデメリットについて紹介します。

「健康住宅」とはどのような家?

「健康住宅」とは、家そのものやそこに住む人・家族が健康で過ごし続けることができるような家のことをいいます。健康に気を遣って生活を過ごしている方は多いかもしれませんが、住宅と健康との関係性も知っておきたいところです。ここでは、家で生活する「人の健康」と「住宅の健康」との関係性についてみていきます。

「人の健康」と「住宅の健康」

健康住宅と聞くと一番に考えるのが、その家で暮らす「人の健康」なのではないでしょうか?健康という言葉には、ケガや病気にならないことはもちろん、居心地のいい空間の中で心身ともに健やかに生活できることも含まれます。

人体に悪い影響を与えることがない素材を使ったり、新鮮な空気を保つための換気システムによって室内の空気を循環させたり、夏に涼しく冬に暖かく過ごせるような断熱性能を備えたりするなど、家づくりにおいて人と住宅の健康を意識することは可能です。居心地のいい空間を作ることで、日々のストレスが減り、気持ちも穏やかに暮らすことができます。

「家の健康」とは、その家に住む人を守るための家の劣化を最小限にし、長持ちする意味です。たとえば、家の湿度を調節することでカビや結露を発生しにくくしたり、劣化しにくい断熱材を使用したりすることです。

家は必ず経年劣化していくものですが、家が健康で頑丈な状態で長持ちすると、メンテナンスや大規模な補修の頻度も少なくなるため維持費・修繕費などのコストの削減にもつながります。

メンテナンスをゼロにするのは困難ですが、適切な時期に適切な方法でメンテナンスをすることで「家の健康」を保つことができ、長い期間その家に住み続けることができます。

健康住宅を建てるメリット

ここまで「健康住宅」の意味について「人」と「住宅」の視点で紹介しました。ここからは健康住宅の具体的なメリットについて紹介します。

素材のぬくもりによるリラックス効果

健康住宅では、健康に配慮するために化学物質でできている素材は極力使用せず、天然素材の材料が多く使用されています。そのため、木材のぬくもりや香りに包まれることができ、ゆったり、リラックスして過ごすことができるのです。さらに、天然素材の中には、湿度の調整に優れているものもあるため、快適な暮らしを実現できます。

長く家に住むことができる

日本の木造住宅の欠点は湿度に弱いことであり、カビなどを防止するために家の換気が必要でした。一方、健康住宅は、季節にかかわらず快適に過ごせるように自動的に換気をする家が設計されています。

自動的に換気機能が働くことで、木造建築の弱みであったカビの発生を抑えることができ、住宅の耐久性が上がるため長く家に住み続けることができます。

健康住宅を建てるデメリット

健康住宅は、人と住宅の健康を第一に考えており魅力がある住宅です。メリットが多くデメリットがなさそうに感じられますが、健康住宅ゆえのデメリットも当然あります。

住宅購入のコストが高い

健康住宅は天然素材の材料を使用しており、手間をかけて仕上げなどの作業をする必要があります。そのため、材料の値段や加工費などでコストが割高になります。コストが抑えることができる住宅は天然素材以外のもの、たとえば化学物質でできている材料が使われているものが多いのでコストを抑えることができます。

しかし、健康面では有害な化学物質の影響でアレルギーがでる人もいます。健康住宅の購入費用が高いということは、それだけよい材料を使用しているわけであり、健康面に配慮した安全なものであるという証拠なのではないでしょうか。

天然素材の劣化がおきる

天然素材を使用すると素材独自の劣化がおきるなどのデメリットがあります。たとえば、木材は経年劣化することで木材が湾曲したり、膨張したりすることがあり、素材そのものが変形する場合があります。

変形することで、住宅の機密性能や断熱性能が低下する場合もあるため、メンテナンスが必要になります。住宅の劣化は避けては通れないため日頃から家の健康に配慮した過ごし方、適切なメンテナンスの時期をハウスメーカーの人と相談することが大切になります。

 

最近は「衣食住」すべてに共通して健康に配慮したものが認知されてきています。とくに「住」の部分は人生の半分以上をその住宅で過ごす場合があるため、安全面や健康面に気を遣う人も多いと思います。そこで今回は人と住宅の健康に特化した「健康住宅」についてご紹介させていただきました。健康住宅の強みを生かした天然素材由来のぬくもりがある環境で、大切な家族と一緒に過ごすことにより、リラックスできる最高の住宅になるはずです。家作りで迷われている人はぜひ「健康住宅」を検討してみるのはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
注文住宅では、間取りが外観だけでなく、設備も自由に決めることができます。最新の住宅設備に興味がある方は、新しい設備を取り入れた住まいにしたいと考えているのではないでしょうか。この記事では、注
続きを読む
投稿日 2022.10.15
注文住宅を建てるなら趣味の空間を設けたい。駐車スペースを確保したいけれど敷地が足りない。これから家を建てる人の中にはこのような想いや悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。ここではおすす
続きを読む
投稿日 2022.09.15
せっかく注文住宅を購入するなら、庭付きのマイホームにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。事実として庭付きのマイホームにはさまざまな魅力がありますが、一方でデメリットが存在するのも
続きを読む
投稿日 2022.08.15
注文住宅を建てる際、子ども部屋を作るかどうか悩まれる人もいるのではないでしょうか。お子さんがいる方は、お子さんの年齢に応じて子ども部屋をあらかじめ設置することもあるでしょう。お子さんがまだい
続きを読む
投稿日 2022.07.15
人生のなかで大きな買い物のひとつが「マイホームの購入」ではないでしょうか?マイホームには、注文住宅や建売、マンションなどがあります。注文住宅で家を建てる人もいると思いますが、そのときに注意す
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅購入を検討している人のなかには「健康住宅」という言葉を聞いたことがあると思います。とくに「健康面に配慮した家を建てたい」と考えている人はよく聞く言葉だと思いますが、健康住宅とはどのような
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅を購入する人の中で、平屋を選択する人が増えつつあります。今後家づくりを考えている人の中には、二階建てにすべきか、平屋にすべきか悩んでいる方も多いでしょう。そこで本記事では、平屋のメリ
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討している方の中には、木造住宅を建てるべきか、鉄骨住宅を建てるべきか悩んでいる方も多いでしょう。木造住宅は日本で昔から用いられてきた建て方であり、現在でも多くの木造住宅が建
続きを読む
投稿日 2022.03.15
「環境に優しい」「電気代が安くなる」など、太陽光発電システムには魅力がいっぱい!しかし、いざ導入するとなると、なかなか思い切れない方が多いのではないでしょうか?この記事では、太陽光発電システ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
高低差のある土地とは、坂の途中など傾斜のある土地やがけ地などを指します。たまに高低差のある土地がありますが、「山が多い」など地域によっては、平地の方が少ない場合もあるでしょう。この記事では、
続きを読む