青森市で評判の注文住宅メーカーランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

注文住宅のオプション設備の選び方のポイントについて解説!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/11/04


注文住宅では、間取りが外観だけでなく、設備も自由に決めることができます。最新の住宅設備に興味がある方は、新しい設備を取り入れた住まいにしたいと考えているのではないでしょうか。この記事では、注文住宅のオプション設備について選び方や費用相場などをお伝えします。失敗事例もまとめているため参考にしてください。

注文住宅のオプション設備の選び方のポイント

注文住宅でオプションを選ぶ際は、どのように選ぶとよいのでしょうか。選ぶ際のポイントについてまとめておきます。

口コミを調べてみる

まずは、その設備を実際に導入して使用している人の声を探してみてください。もし身近な人で使われている人がいる場合は、その人に尋ねることで生の声が聞けるでしょう。SNSでも口コミが沢山あがっていることが多いので、SNSも検索してみることをおすすめします。口コミを検索する際は、見つけた口コミをよいものと悪いものに分けて、それぞれの声を分析してみてください。そしてその設備のメリットとデメリットを分けましょう。

ホームページやカタログで情報収集

さまざまな住宅設備があるので、ホームページやカタログで情報収集をしましょう。そして気になる住宅設備についてまとめておきます。注文住宅では、選べるオプションの設備が限定されている場合もあります。その場合、どのような設備でも導入できるわけではありません。最初にピックアップされているものの中から選ぶことになるので、そういった点も確認しておきましょう。

実物を見てみる

カタログやホーム−ページを見ただけでは、どのような設備なのか分かりにくい場合があります。展示場に行くと、これらの設備を実際に見たり触れたりできるので、できればモデルハウスや展示場に足を運んでみてください。実物を確認することで、本当に必要な設備なのかどうかも見極められます。

注文住宅のオプション設備の費用相場

注文住宅でオプションの設備を導入する場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。オプションの費用についてまとめておきます。

オプション費用の相場

冬に役立つ床暖房は、6畳でおよそ30万円から、猫を飼っている方に人気のキャットウォークはおよそ10万円から、お風呂で洗濯物を乾かすことができる浴室暖房乾燥機は、およそ10万円から15万円、子ども部屋を2つに仕切る際に便利な可動式間仕切りは、およそ2万円から8万円、収納スペースとして便利なウォークインクローゼットは、およそ20万円、ビルドイン食器乾燥機は、およそ8万円から25万円です。

これ以外にもさまざまなオプション設備があります。オプション設備の中には、DIYできたり、後付けで家電量販店で購入できるものなどもあったりするので、そういったもので代用できそうな場合は、そちらのほうが費用はおさえられます。

人気の宅配ボックスも

最近注目されているのが、一戸建てに取り付ける宅配ボックスです。マンションでは設置されているところが増えていますね。コロナ禍で通販を利用する機会が増えたという人もいるでしょう。宅配ボックスがない場合、不在にしていると持ち帰りと再配達となってしまうので、少し面倒です。そこで注目されているのが一戸建ての住宅向けの宅配ボックスです。注文住宅では宅配ボックスをオプションでつけることもできます。費用の目安は7万円くらいからです。

注文住宅のオプション設備に関する失敗例

注文住宅のオプション設備で失敗してしまった事例をまとめておきます。

予算を大幅に超えてしまった

色々な設備があるので、どれも魅力的でついつい欲しくなってしまいます。しかし、あまりにも沢山選びすぎてしまうと、予算を大きく超えてしまうので注意しましょう。

取り付けたのにあまり使わない

欲しいと思ってつけたはずの設備が、あまり使われていないということも多いです。たとえば、浴室にテレビをつけたのに使っていない、ジャグジーをつけたけれど使っていないなどがあります。本当に必要かどうかよく検討しましょう。

プライバシーが配慮できていない

庭にウッドデッキを設置したいという声も注文住宅では多いのですが、ウッドデッキをつけたら、外から丸見えになってしまったという事例もあります。間取りについてよく考える必要があるでしょう。目隠しをしてウッドデッキを設置しましょう。

寒い住まいになった

開放感を出そうとして吹抜けを作ったら、風が入りやすくなって寒いというような声もあります。吹抜けは、夏は涼しく感じるかもしれませんが、冬は暖房の効率が悪くなります。床暖房との併用がよいでしょう。

まとめ

注文住宅のオプション設備にはどれくらいの費用がかかるのか費用の目安とオプション設備に関する失敗事例についてお伝えしました。これから注文住宅を建てるという方は、どのような設備を取り入れればより快適な暮らしができるのか、まずは情報収集からはじめてみてください。取り付けたけれどあまり必要無かった…ということがないようによく相談して決めましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
注文住宅では、間取りが外観だけでなく、設備も自由に決めることができます。最新の住宅設備に興味がある方は、新しい設備を取り入れた住まいにしたいと考えているのではないでしょうか。この記事では、注
続きを読む
投稿日 2022.10.15
注文住宅を建てるなら趣味の空間を設けたい。駐車スペースを確保したいけれど敷地が足りない。これから家を建てる人の中にはこのような想いや悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。ここではおすす
続きを読む
投稿日 2022.09.15
せっかく注文住宅を購入するなら、庭付きのマイホームにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。事実として庭付きのマイホームにはさまざまな魅力がありますが、一方でデメリットが存在するのも
続きを読む
投稿日 2022.08.15
注文住宅を建てる際、子ども部屋を作るかどうか悩まれる人もいるのではないでしょうか。お子さんがいる方は、お子さんの年齢に応じて子ども部屋をあらかじめ設置することもあるでしょう。お子さんがまだい
続きを読む
投稿日 2022.07.15
人生のなかで大きな買い物のひとつが「マイホームの購入」ではないでしょうか?マイホームには、注文住宅や建売、マンションなどがあります。注文住宅で家を建てる人もいると思いますが、そのときに注意す
続きを読む
投稿日 2022.06.15
住宅購入を検討している人のなかには「健康住宅」という言葉を聞いたことがあると思います。とくに「健康面に配慮した家を建てたい」と考えている人はよく聞く言葉だと思いますが、健康住宅とはどのような
続きを読む
投稿日 2022.04.15
注文住宅を購入する人の中で、平屋を選択する人が増えつつあります。今後家づくりを考えている人の中には、二階建てにすべきか、平屋にすべきか悩んでいる方も多いでしょう。そこで本記事では、平屋のメリ
続きを読む
投稿日 2022.05.15
注文住宅の購入を検討している方の中には、木造住宅を建てるべきか、鉄骨住宅を建てるべきか悩んでいる方も多いでしょう。木造住宅は日本で昔から用いられてきた建て方であり、現在でも多くの木造住宅が建
続きを読む
投稿日 2022.03.15
「環境に優しい」「電気代が安くなる」など、太陽光発電システムには魅力がいっぱい!しかし、いざ導入するとなると、なかなか思い切れない方が多いのではないでしょうか?この記事では、太陽光発電システ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
高低差のある土地とは、坂の途中など傾斜のある土地やがけ地などを指します。たまに高低差のある土地がありますが、「山が多い」など地域によっては、平地の方が少ない場合もあるでしょう。この記事では、
続きを読む